山口県一円にて、墓石・石材の仕事をさせていただいております、渡辺石材店の岸本です! 周南市営の大迫田墓地にて、徳山石の墓石を移設+納骨室の新設をいたしました。その際の様子をご紹介いたします^^

 

今回のお客様は、「既に建ててあるお墓を、周南市営の大迫田墓地へ移設したい」というご希望でした。というのも、お墓があるのが周南市沖にある大津島で、舟に乗ってお墓参りに行かなくてはならなかったため、なかなかお参りに行く機会が設けられず、ご自宅近くの墓地へ移設したいとお考えでした。

移設にあたり、「石材店を」とお考えの際、お客様ご自身が徳山石に関係するお仕事をされていることもあり、ありがたいことに当店のこともご存知だったそうです。その流れで、ご相談いただくことになりました。

こちらが移設前のお写真です。大津島の海沿いの地区墓地にあるお墓です。お花が供えられ、大切にお参りされているのが伺えます。

 

大迫田墓地へ移動させるため、お墓の取り外し作業をします。大切なお墓を壊してしまうことのないよう、丁寧に丁寧に作業をしました。

お墓を移設する際に、お客様に主に3つのご要望をいただきました。「1、掃除のしやすいお墓にしたい。」「2、納骨のしやすいお墓にしたい。」「3、お墓の棹石を少し丸みを帯びた形に加工し直してほしい。」 という3つです。そのご希望を叶えるべく、しっかりと打ち合わせを行い、大迫田墓地でのお墓づくりが始まります。

 

新しく取得された大迫田墓地のお客様の区画です。こちらに運んできたお墓を据え付けますので、床掘をし、ランマーという機械を使用して転圧を掛け、地固めをした後、砕石や鉄筋を配置し、コンクリートを流し込みます。基礎工事は後々見えなくなる部分ですが、しっかりしたお墓づくりをするためには、手を抜かずに丁寧に施工をすることが欠かせません!

 

納骨室を新設します。しっかりとした厚みのある壁石の内側に4点、金具を取り付け、ズレない丈夫なお墓づくりをします。壁の穴は納骨室内の換気ができるように開けてある空気穴です。納骨する場所の底の部分には、細かな砂利を敷き詰め、綺麗にならしてあります。

 

お墓の据え付けが完成しました!

新設した納骨室や足元の石貼り部分も、お墓本体と同じく徳山石です。石貼りは前面に傾斜がついた水のたまらない設計で、お掃除もしやすくなっています。滑り止め加工もしましたので、安心してお参りいただけます。 地上に納骨室を新設したことで納骨もしやすくなりました^^

棹石の上部を丸く加工し、お客様のご希望の形となりました。石の表面を磨き直していますので、新品同様の艶が出ています。 また、お客様のお持ちの区画はお墓の高さ制限がありましたので、お墓の上台(棹石のすぐ下の石)が若干低くなるよう加工しました。

完成したお墓をご覧になって、お客様に「磨き直してもらって、新品みたいにツヤが出て綺麗になりました!良い仕事をしてもらえて、嬉しいです。ありがとうございました。」とお喜びいただきました。 徳山石に関係する、石についての知識がとても豊富なお客様からお褒めのお言葉をいただけて、とても嬉しく思いました!

お墓の再加工については、自社工場があるからこそご対応できる、当店の強みでもあります。今回のお客様のように「角を丸く」や、「上台の高さを低く」といったご要望にも、石の状態を確認し、できる限りご対応させていただきたいと考えております。

今後も、お客様に喜んでいただける石材店であり続けられるよう、日々邁進して参ります!