山口県一円にて、墓石・石材の仕事をさせていただいております、渡辺石材店の岸本です。今回は、周南市のお寺様の墓地で、徳山石のお墓が完成しましたので、ご紹介いたします♪

 

【完成したお墓のお写真】

今回のお客様は、当店の近くにお住まいの方で、以前から当店のこともご存知でいらっしゃいました。このたびご自宅の近くに求められた墓地のお寺の和尚様からも当店を紹介されたとのことで、お店にお越しくださいました。

こちらはもともとお持ちだったご先祖様からのお墓です。このお墓が山にあってお参りに不便なこと、地盤の問題でお墓が傾いたりして心配なことから、今回新しくお墓を建てようと希望されていました。

手前のお墓一列すべてお客様のお墓なのですが、地盤の影響でお花立てが倒れてしまっているところもあります^^;

 

山のお墓はきれいにすべて取り除きました! 次に使用する方のために真砂土を入れてきれいに整地しています。

 

 

こちらは新しく引っ越す先の墓地です。この印の部分にお墓を建てます。お客様がお寺様とお話をされて今回求められた墓地です。

 

基礎工事が完了しました! 巻き石を据えて、中にコンクリートを打っています。印の部分は納骨室の真下に当たる部分で、お骨を土に還す部分ですので、コンクリートを打たずに土を残しています。

 

お墓を組み上げていきます。「舞台」と呼ばれる、お墓の下の納骨室にあたる部分です。石材はすべて当店の徳地の工場で製作しています。事前に仮組みをして調整していますので、実際組み上げるときはスムーズに作業ができます^^

 

舞台の前面の角の部分です。ステンレスの金具を入れて、石が開かないようにしています。お墓が完成すると見えない部分ですが、揺れなどがあった場合に開かないよう、このうように補強しています。

 


完成しました!!

大きさは9寸の和型2段の墓石です。お客様のご希望で、地元の徳山石を使って作りました。

他のご希望としては、大きさや高さなど、墓地内の周りのお墓となじむようなものにしたいとおっしゃっていましたので、このような形のお墓にしました。

お掃除がしやすいものがよいともおっしゃっていましたので、床の部分は全面石張りにしました。玉砂利などを入れるよりお掃除もしやすく、雑草など生えてくることもないのでお参りも楽になると思います。

 


背面の塔婆立てです。浄土宗の方は作ることが多く、今回もお客様のご希望で設置しました。事前に墓地をご案内した際に、当社で施工した塔婆立てをご覧になって、同じタイプのものを希望されました。今回は、お墓の側面につけるとなるとお掃除の際などにお隣のお墓の敷地に入ってしまいますので、お墓の背面に設置することにしました。

ご納骨も終わり、お客様には「りっっぱなお墓ができて、お掃除もしやすくなった」と喜んでいただけました! お引渡しの日は少し雨が降っていましたが、こういうお掃除のしやすいお墓なら、雑巾一枚あればきれいにできていいね♪とおっしゃってくださいました^^

今回、お墓の形や大きさについてはシンプルなものですんなりと決まったのですが、お墓正面の文字については、行書や楷書・大きさやバランスなどをいくつかご提案して、何度かご自宅に伺ったりもしました。最終的にはシンプルな楷書体に決まったのですが、せっかくお墓を建てられるのですから、納得いくものを選んでいただけてよかったです^^

今後もお客様の様々なご希望に添えるように、細やかな対応を心がけていきたいと思います。